イメージ

信貴山:毘沙門天王

トップ > 信貴山のみどころ > 毘沙門天王について

信貴山のみどころ 多聞の智慧者・毘沙門天 仏を守護し衆生の悪を打ち据える四天王最高峰の護法尊にして我々に最も近い神

毘沙門天王の縁起

毘沙門天王は仏様と須弥山(しゅみせん)を守護する四天王において最も強く、最も尊い神とされています。また、かの神は万物の慈母たる大日如来の同体でもあり、凡夫を救済するために化身として私達のすぐそばにいるのであるとも言われています。

イメージ
イメージ
イメージ

毘沙門の名は「全てのことを一切聞き漏らさない智慧者」の意味を持ち、多聞天とも称されます。仏様の言葉も衆生の言葉も等しく聞き届けてくれる賢者である事を意味します。
私達の住まう人間界であまねく願いを聞き届け、守護をして下さる神なのです。

毘沙門天王の御姿

当山の毘沙門天王は古来より「信貴山型の毘沙門天王」と呼ばれており、特別なお方であるとされています。

イメージ
・右手:如意宝珠
軍神として戟(ほこ)を手にした蔵馬型の毘沙門天王が一般的ですが、信貴山の毘沙門天王は仏教の第一歩である「殺すなかれ」の教えにより、慈悲の心で悪霊を祓い、善導する宝棒を携えています。
如意宝珠は、衆生の願いのままに物質的な恵みを生む源とされています。
・左手:宝塔
この宝で飾られた塔の中には、仏様の教義である84,000の法蔵、十二部経の経典が収まっています。
また、「仏・法・僧」の三宝や「身・口・意」の三密で莊嚴された世界の象徴でもあると言われています。
・頭:忍辱(にんにく)で固めた甲
どのような逆境にあっても腹を立てず、己の敵に対する怒りをも抑制するまでの忍耐を表します。
・大悲(だいひ)で固めた鎧
大悲とは「大いなる慈悲」のことです。これは悪魔が最も恐れるものであり、いかなる魔の者も大慈悲の心の前には降伏してしまうと言われます。
・両脇:吉祥天女、善膩師童子(ぜんにしどうじ)
信貴山の毘沙門天王は、必ず后の吉祥天女と子どもの善膩師童子の三尊で祀られ、家庭の円満こそが人間の幸福の第一歩であることを象徴しています。
・足元:藍婆(らんば)、毘藍婆(びらんば)
悪魔(天邪鬼)を足元に踏み、悪を退散させるという強い決意を表します。

信貴山と毘沙門天王

信貴山は、毘沙門天王が日本で一番初めに降り立った地とされています。
6世紀における親仏派・蘇我氏と廃仏派・物部氏の戦いの折、毘沙門天王は蘇我氏の軍を率いる聖徳太子の前に顕現し、戦勝の秘法を授けました。これにより、劣勢にあった蘇我軍はみごと物部氏討伐に成功を収め、日本に仏教が広まるきっかけとなりました。
聖徳太子は仏恩の為、自ら刻んだ毘沙門天王の木像を勧請し、この地を「信ずべし、貴ぶべき山」の信貴山と称して堂宇を建立しました。
また、戦勝後の太子は四天王寺も建立し、毘沙門天王は戦勝護国の仏神として信仰されることとなりました。

毘沙門天王を崇めた者たち

毘沙門天王は古来より多くの偉人たちからも信仰されてきました。

・皇子:聖徳太子
信貴山に堂宇を建立し、自らが毘沙門天王を祀りました。
・天皇:醍醐天皇
信貴山中興命連上人に病気平癒祈願を修されました。国宝信貴山縁起絵巻「延喜加持の巻」に記されています。
・天皇:後白河天皇
信貴山の毘沙門天王を深く信仰し、参詣の書状も残されています。国宝信貴山縁起絵巻にも深く携ったと言われています。
・征夷大将軍:坂上田村麻呂
東北の各地に蝦夷討伐と鎮護国家のため、数多くの毘沙門堂を建立しました。
・武将:源義経
毘沙門天王を熱心に崇拝して勝利を収め、壇ノ浦の合戦で平家を滅ぼしました。
・武将:楠木正成
母が子授けを願って信貴山の毘沙門天王に百日間詣で、その御利益で生まれたといわれます。当山には数多くの遺品や文書が残されています。
・武将:武田信玄
父の信虎から毘沙門天を信仰。信貴山に祈祷を依頼し、返礼の寄進状も残されています。
・武将:上杉謙信
軍旗に「毘」の文字を掲げ、春日山城には毘沙門堂を建立して祈りを捧げました。
・武将:松永久秀
信貴山城を築くが織田信長の軍勢に敗れ、その兵火で朝護孫子寺も炎上。直筆の寄進状が残されています。
・武将:豊臣秀頼
「信貴山雑記」には片桐且元が普請奉行で本堂を再建し、秀頼の勅願寺にしたと記されています。
・武将:徳川家
三代将軍家光から庇護を受け、特に五代将軍綱吉の生母である桂昌院殿から諸々の寄進を受けました。