イメージ

信貴山:朝護孫子寺・本堂

トップ > 信貴山のみどころ > 本堂と大般若祈祷

信貴山のみどころ 朝護孫子寺本堂と大般若祈祷 飛鳥の聖徳太子が果たした開山 唐代の三蔵法師が編んだ大般若経 遠き夢は、今も息づく

朝護孫子寺の本堂について

聖徳太子が自ら毘沙門天王を勧請して堂宇を建立したのが始まりと伝えられ、世紀を経て織田信長の進軍により焼失。その後、豊臣秀頼の手により再建されたと言われております。
本堂は朱塗りの欄干を持ち、山の斜面に柱を伸ばした舞台造りの建物であり、この構造は創建当時と変わらないと言われています。この柱の根元を支える岩盤の中には、覚鑁上人(かくばんしょうにん)が毘沙門天王より授かった如意宝珠が収められており、本堂を支えています。

イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ

本堂のみどころ

眺望
関西日光と呼ばれる本堂の舞台からは、大和平野を臨んだ素晴らしい眺望が開けています。
イメージ
イメージ
戒壇巡り
本堂を支える岩盤の中には、如意宝珠を収めた蔵が存在します。戒壇巡りにおいては一切光の差さない暗闇を歩み、この蔵の錠前に触れることで心願成就のご利益にあずかれます。
イメージ
イメージ
イメージ

二十八使者

毘沙門天王が率いる二十八の従者であり、人々の様々な願いを叶えるとされています。本堂と千手院にてその尊像をお祀りしております。

イメージ
イメージ
イメージ

大般若祈祷について

朝護孫子寺本堂では日中の毎時、大般若祈祷が執り行われます。
唐代の玄奘三蔵が大陸中から様々な般若経典群を中国に持ち帰り、それを元に編纂したとされる“大般若波羅蜜多経”は本来全600巻余の長大な教典ですが、これを20分程度に縮めた転読と呼ばれる形で祈願します。
この経典では「一切皆空」の理という仏教の中心思想について述べられています。現代に伝わる般若心経は、大般若経を略説したものであるとも言われています。

イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ

大般若祈祷のご利益

大般若祈祷は殊に、下記の霊験があらたかです。

商業繁栄 報恩謝徳 家内安全
身体健全 当病平癒 厄難消除
心願成就 開運長久 交通安全
学業成就 入試合格 就職成就
良縁成就 安産祈願 その他

福を授かる 三寅参り

信貴山では、本尊の毘沙門天王が「寅の年・寅の日・寅の刻」に御出現になられて以来、寅が三つ並ぶ時に“三寅の福”を授かると言われています。
毎年「寅の月」二月、「寅の日」「寅の刻」午前三時~五時には毘沙門天護摩ならびに大般若祈祷を厳修し、年に一度の三寅の福を授かります。また、寅の日の前日より、お籠り修行を実施いたします。
ご参加の方には三寅参り特別祈願札と干支水晶玉が授与されます。

イメージ

大般若祈祷のお申込み

大般若祈祷で唱えられる大般若経は信貴山における教義の基礎になっており、当山で御祈祷を希望された場合には、必ず大般若祈祷を厳修させていただいております。
大般若祈祷は、9時~16時までの毎時15分より開始されます。

イメージ
イメージ

インターネットでのお申込手順

  • 1.当ページ下部の[インターネットで申し込む]ボタンを押してください。
  • 2.「各種お申し込み」のメールフォームが表示されますので、必要事項をもれなくご記入ください。
  • 3.細かなご希望につきましては、「その他ご希望・ご質問等」の欄に書き込んでください。
  • 4.お客様のフォーム送信完了より3営業日以内に、当院担当者より折り返しのお電話を申し上げ、お申し込み内容の確認とご注意事項の説明をいたします。
  • 5.お申し込み内容に全てご同意をいただけた時点で、お申込みの完了となります。以後のキャンセルにつきましては、キャンセル費用を申し受ける場合がございます。
  • 6.当院へご来院の際、所定のご祈祷申受書に必要事項をご記入いただきます。
  • 7.可能な限り念珠をご持参ください。

電話でのお申込手順

  • 1.当ページ下部に記載の当院事務局までお電話ください。
  • 2.お電話にてお申し込み内容の確認とご注意事項の説明をいたします。
  • 3.お申し込み内容に全てご同意をいただけた時点で、お申込みの完了となります。以後のキャンセルにつきましては、キャンセル費用を申し受ける場合がございます。
  • 4.当院へご来院の際、所定のご祈祷申受書に必要事項をご記入いただきます。
  • 5.可能な限り念珠をご持参ください。
祈祷名称 祈祷名 金額 別祈願 郵送希望者
大般若祈祷 普通祈願 5,000円
10,000円 読経・加持付
車両祈願 10,000円 車祓い付
1週間祈願 20,000円 読経・加持付
特別祈祷 30,000円 毘沙門護摩付
特別大祈祷 50,000円以上 毘沙門護摩付

現地でのお申し込み手順

千手院寺務所にてお申し込みを受け付けいたします。

インターネットで申し込む

ご祈祷・回向・修行体験等のお問い合わせは、下記の当院寺務所でも随時受け付けております。

電話0745-72-4481(平日9:00~17:00) FAX 0745-73-9686