イメージ

信貴山:剱鎧護法堂

トップ > 信貴山のみどころ > 剱鎧護法堂

信貴山のみどころ 信貴山朝護孫子寺の剱鎧護法堂 軍神と共に在り 病と災厄を祓う者 名を、剱鎧童子

剱鎧護法堂の縁起

往古、毘沙門天王の顕現の折には、八大龍神の最上首・難陀竜王(なんだりゅうおう)と人間を災厄から守護する護法・剱鎧童子(けんがいどうじ)が供をすると言われています。
かの「信貴山縁起絵巻」中巻「延喜加持之巻(えんぎかじのまき)」で描かれた醍醐天皇の重病、命蓮上人による病気平癒の加持祈祷の物語にも剱鎧童子は現れます。命蓮の加持満願の日、童子が天皇の枕元に出現して霊感を授けると、たちまち天皇の病は癒されました。
これにちなんで剱鎧護法を当病平癒の守り本尊として祀り、無病息災、病気全快の霊験あらたかな神として、人々に篤く信仰されています。

イメージ
イメージ
イメージ
イメージ