イメージ

信貴山:霊宝館

信貴山のみどころ 信貴山朝護孫子寺の霊宝館 はるか平安の世より平成のわたしたちへ受け継ぐあまたの至宝

国宝 「信貴山縁起絵巻」

「信貴山縁起」は日本の国宝に指定された絵巻物であり、作者不詳ながらも「源氏物語絵巻」、「鳥獣人物戯画」、「伴大納言絵詞」と並ぶ四大絵巻物の1つと称されています。 この絵巻物には信貴山で毘沙門天王を崇めながら修行し、千手院の護摩堂を開壇した命蓮上人(みょうれんしょうにん)の奇跡譚が描かれており、全三巻で構成されます。
・上巻:飛倉之巻(とびくらのまき) 托鉢の鉢に米蔵一つを乗せて空を飛ばすまでの、命蓮の法力の強さが描かれます。
・中巻:延喜加持之巻(えんぎかじのまき) 病に倒れた醍醐天皇を、加持祈祷の力で癒やす命蓮の活躍が描かれます。
・下巻:尼君之巻(あまぎみのまき) 修行から戻らぬ弟の命蓮を案じた姉の尼君が、大仏様に導かれて命蓮との再会を果たし、2人が共に信貴山で修業を続けていく様が描かれます。

イメージ

「延喜加持之巻」より、清涼殿に現れた剱鎧童子「剣の護法」の図。
信貴山を一歩も離れずに醍醐天皇を平癒させた命蓮の加持祈祷の証として、剣の護法が天皇の元に遣わされました。
天皇は褒美として送った全ての布施品や僧正の位を固辞した命蓮の徳の高さに感心し、「朝廷を子々孫々にわたって守護する」という意味の「朝護孫子寺」という勅号を与えました。
図像は国立国会図書館Webサイトより引用

その他の寺宝

・【国指定重要文化財】 武将・楠木正成の兜、鎧袖
・【国指定重要文化財】 後醍醐天皇の皇子・護良親王(もりよししんのう)の喉輪
・【国指定重要文化財】 金銅鉢
・【県指定重要文化財】 兜跋毘沙門天像(とばつびしゃもんてんぞう)
・【県指定重要文化財】 木造舞楽面・石川(せっせん)/退宿徳(たいしょうとく)
・聖徳太子十六歳孝養像
・後醍醐天皇直筆の勅額
・武田信玄の寄進状
その他、信貴山ゆかりの仏像・仏画・仏具が多数展示されております。